A

利用するのはこのMPC3と呼ばれる純金粘土。
とても細かい純銀の粉とバインダーと呼ばれる結合剤、そして水を練り合わせて作ったやわらかい粘土状の金属素材です。形を作った後、電気炉で焼き上げることによって、バインダーと水は蒸発し、99,9%の純銀だけが残り、 しっかりとした金属のシルバーになるんです。

B

Thinking Time!!
シルバーリングを作るか、はたまたペンダントトップにするか?携帯ストラップにできるような飾りもかわいい!
型抜き?型押し?オリジナル?粘土をつかうのでアイディア次第でいろんな形が作れます。
おおまかなデザインをここで決めましょう。

C

いよいよ作業開始!
この粘土はとても乾燥に弱いんです。
デザイン案を元にしてなるべく手早く形つくるのが綺麗に仕上がるコツ。
形が出来上がったら乾燥させます。(約20分)

D

乾燥させたら修正と整形をします。(先生がお手伝いします)
ここまできたら形がはっきりとしてきます。90%はできたようなもの。
この状態の粘土はとても壊れやすいです。
やさしくやさしく〜。

E

電気炉で焼き上げます。
800℃〜900℃で5分〜10分。
小窓から中を覗くと真っ赤に焼けているシルバーが見えます。
熱々のシルバーを冷ますのにおおよそ5分くらいかかります(合計約20分)

F

雪のように白いシルバー、水分とバインダーが飛んだものです。
この状態になるともう壊れません。
ブラシで白い部分を削ってしまいます。

G

白い部分を削っていくと・・・キラキラするシルバーが出てきます。
サンドペーパーやメノウペンを使ってひたすら磨いて、純銀のアクセサリーの出来上がり!(約20分)

通常1,5時間〜2時間で出来上がります。(デザインを考える時間は除く)
1日遊べる方何でも OK !
香水入りのペンダント、ダイクロガラス細工 etc...