遊び工房 伊豆高原銀工房A&M シルバーアクセサリー作り

純銀粘土ってナニ?

とても細かい純銀の粉とバインダーと呼ばれる結合材、そして水を練り合せて作った柔らかい粘土状の金属素材のことをいいます。
粘土工作や陶芸感覚で、自由自在に形作ることができる楽しいクラフトの1つなのです。
形作ったら乾燥をさせ、電気炉で焼き上げることによって、バインダーと水は蒸発し、99、9%の純銀だけが残り、しっかりとした金属のシルバーになる!ということです。

オリジナルシルバーアクセサリーを作ってみよう
 PMC3 使用するのは三菱マテリアルの純金粘土。
作業テーブル ★作業めやす20分★
リング?トップ?どのスタンプ?あれこれなやむ楽しい時間です。
石、ネームを入れるならここで準備します。
練習用の粘土を使ってイメージを作りましょう
銀粘土形成 ★作業めやす10分★
いよいよ銀粘土での作業開始!
この粘土はとても乾燥に弱いのです。
デザイン案を元にしてなるべく手早く作るのがきれいに仕上げるコツ。
形ができあがったら乾燥させます。
★乾燥タイム15分★
乾燥後銀粘土 ★作業めやす40分★
乾燥させたら修正と整形をします。
ここまできたら形がはっきりとしてきます。90%はできたようなもの。 この状態の粘土はとても壊れやすいです。
電気炉のシルバー ★作業めやす15分★
電気炉で焼き上げます。
900℃で5分~15分。 小窓から中を覗くと真っ赤に焼けているシルバーが見えます。 熱々のシルバーを冷ますのにおおよそ5分くらいかかります
焼き上がりシルバー ★作業めやす20分★
水分とバインダーがとんで雪のように白いリング。
この状態になるともう壊れません。
ブラシで白い部分を削ってしまいます。
通常1,5時間~2時間でできあがります。(デザインを考える時間は除く)

相互リンク


体験村バナー
観光協会バナー

↑ PAGE TOP